岩盤浴でストレスを手放してきた【博多 由布院・武雄温泉 万葉の湯】

やりたいことリスト
スポンサーリンク

なんかいろいろあって気分がくさくさしていたので、リフレッシュしに「博多 由布院・武雄温泉 万葉の湯」へ行ってきた。

目的は岩盤浴!いっぱい汗かきたい。

スポンサーリンク

無料送迎バスで向かう

博多駅の筑紫口から無料送迎バスが出ているのでそれに乗り込む。
筑紫口のバス停よりも手前側に停車した。

私が乗るときは天神や中洲川端からすでに数名乗っていて、博多を出る頃にはほぼ満席に。
平日の昼間でこれだから土日は乗れないこともありそうだなあ。

乗車時間は5分くらい。万葉の湯へ到着。(画像は公式HPより)

公式HPより

フロントで受付

エスカレーターを上り、入湯税50円を払ってフロントへ。5分くらい待ったかな。

事前登録していた公式LINEの会員証の画面を見せる。
岩盤浴のウェアとバスタオルのセットを渡してもらう。

バーコードの付いたリストバンド(ロッカーの鍵付き)も貰い、いざ館内へ!

大浴場であたたまる

岩盤浴で汗をかきやすいように、まずは大浴場で全身を洗ってあたたまることに。

ロッカーのある更衣室にバスタオルと小さいタオルがたくさんおいてあって、ここから取るスタイル。

大浴場入ってすぐのところに、ゴシゴシタオル(青とピンクの2種類)がおいてあった。
違いが分からなかったのでとりあえずピンクを手に取り洗い場へ。

髪・顔・体を洗い流し、「武雄温泉」と書かれた浴槽へ浸かる。

公式HPより

少しとろみのあるお湯で美肌になりそう。

露天風呂は由布院温泉とのこと。
ちょっと人が多そうな感じだったので今回は露天は行かなかった。

3種類の岩盤浴

お風呂から上がり、岩盤浴着に着替え岩盤浴用の大きなバスタオルを携えて3階へ。

入り口でバーコードをかざして中に入る。

入ってすぐはヒーリングスペース。
水や黒豆茶が飲めたり、漫画や雑誌が置いてあってゆっくりくつろげる。

公式HPより

ヒーリングスペースの奥はゴロンと横になれるスペースも。

公式HPより

公式HPの説明にはゆっくり汗をかきたい人向け~と書いてあるが、ぶっちゃけここのスペースに居るだけでは汗はかけない気がする。
あったかいので夏場はじわりと汗ばむのかもだけど。

ではお待ちかねの岩盤浴へ!
博多 由布院・武雄温泉 万葉の湯」には3つの岩盤浴ルームがある。

手前の部屋から1セットずつ攻略することにした。

癒し房「玄」(くろ)

公式HPより

まずは癒し房「玄」(くろ)へ。

【主な効能】
リラクゼーション・ミネラル補給に効果的な岩盤浴室。ミネラル成分(マグネシウム・カルシウム・カリウム・ナトリウム配合)、タラソテラピー効果で不足気味のミネラル成分を補給します。
【使用鉱石】
トルマリン、ゲルマニウム

癒し房「玄」(くろ)|公式HPより

バスタオルを敷いて、まずはうつ伏せに寝転がった。
5分計れる砂時計がついているので、ひっくり返す。

石から発される熱がじわりと体を温めていく。
これでほんとに汗かけるかな~?とちょっと疑いつつも、砂時計の砂が全部落ちる頃には汗がにじんできた。

砂時計をひっくり返し、今度はあお向けで。
全身に汗をかいているのを感じる。

うつ伏せ5分→あお向け10分 で退出。

ヒーリングスペースに小さいタオルが置いてあるので、それで顔や首の汗を拭いウォーターサーバーで水分補給。
クーリングルームで休憩して、2つ目の岩盤浴へ!

燃焼房「朱」(あか)

公式HPより

続いて燃焼房「朱」(あか)へ。
いかにも汗が出そうなライティングである。

【主な効能】
発汗作用に効果的な岩盤浴室。必須アミノ酸や遊離アミノ酸であるタウリン等、アミノ酸をバランスよく配合し、ハリと活力、若々しいお肌、 体作りをサポートします。
【使用鉱石】
天照石、光窯石

燃焼房「朱」(あか)|公式HPより

さっきの部屋よりも室温も高いのか、私の体が温まってるからか、横になったらすぐに汗ばんできた。

発汗作用に効果的と言うだけあって、どんどん汗が出てくる。

残念だったのが向かいに寝転んでいた中国人の男性たちが、スマホで動画を見てるっぽかったこと。
そもそもスマホ持ち込みNGなんだけど、、、部屋入口の注意書き見てないんだな。

ここでもうつ伏せ5分→あお向け10分で退出。

休憩を挟んで3つ目の部屋へ!

美容房「碧」(あお)

公式HPより

最後は女性専用の美容房「碧」(あお)へ。

【主な効能】
美肌に効果的な岩盤浴室。ヒアルロン酸の保湿効果と銀の抗酸化作用で美肌・美髪に導きます。
【使用鉱石】
天照石、光窯石

美容房「碧」(あお)|公式HPより

涼しそうなライティングだが、しっかりとあたたかい。

しっかり汗をかきたかったので、うつ伏せ5分→あお向け15分と長めに時間を取った。
誰もいなかったので貸切状態だったのが嬉しかった。

爽快な気持ちで退出。

岩盤浴の良さ

岩盤浴は、サウナと違って寝転びながら入れるし、温度も高すぎないので私のような低血圧人間でもじわりと優しく汗をかけるのがいいなと思った。

スマホを持ち込めないので、デジタルな情報をシャットアウトしてボーッと過ごす時間も尊い。

ネガティブシンキングしがちなここ数日だったけど、汗をかきながらだとそういうことは頭に浮かんでこなくて、今この瞬間の感覚に身を委ねる感じがあった。

私が行ったときがたまたまだったのかもしれないけど、3つのルームに入る人よりもヒーリングルームやその奥のスペースで休んでいる人が多かったので、意外とガチ岩盤浴勢って少ないのかもなと思ったりもした。

自動精算機で精算→退館

岩盤浴でかいた汗は洗い流さなくていいらしいので、タオルで拭き取るのみに。
着替えて自動精算機で支払いをして退館。PayPay使えるのありがたい。

帰りの送迎バスの時間を見てなくて出発したばっかりだった、、、

Google Mapで見てみると博多駅まで歩いて30分弱だったので、雨も止んでたことだし歩いて行くことにした。
ほぼ真っすぐ歩くだけで着くので、極端に暑かったり寒かったりしないときなら、行き帰り歩くのもいいかもね。


ということで、「博多 由布院・武雄温泉 万葉の湯」で岩盤浴に入ってきた体験談でした。

岩盤浴は10時からだけど、施設自体は24時間営業。
博多の近場で温泉に入りたいという欲を満たしてくれるナイスな施設だったな。

こまめにスタッフの方が清掃しているみたいだし、清潔感もあってよかった。

あ~~また岩盤浴入りたくなってきた!

博多・由布院・武雄温泉 万葉の湯
〒812-0042 福岡県福岡市博多区豊2-3-66

タイトルとURLをコピーしました