みやまクロニクル

人生迷子の20代女が自由を求めてゆるく書く雑記

台所用洗剤は「キュキュット」派

f:id:miyama-chronicle:20180820224544j:plain

台所用洗剤は何を使うかということについて、話題にのぼることはほとんどない。というか、少なくとも私に限っては全くない。

だが、声高に主張したい。私は、台所用洗剤は断然「キュキュット」派である。

 

 

台所用洗剤に求めるもの

台所洗剤に求めるものは何か。

食器の汚れがきれいに落ちること、油汚れが残らないこと、よく泡立つこと、手荒れしないこと…。

個人的には、ベタベタやヌルヌルが残らないというのは最重要項目で、少ない洗剤できれいに洗い上がるのが理想だ。

 

キュキュット vs JOY

ずっと惰性でキュキュットを使っていて、特に何も感じずに使い続けていた。

しかし、たまには他のを使ってみようと手にとったJOYが、使用感がキュキュットとは全然違って驚いた。

サラッとしたキュキュットに対して、JOYはザ・洗剤とも言えるドロッとしたテクスチャー。ドロッとしている方がよく落ちそうかと思えば、結構ドバドバ使わないと汚れが落ちない、ということが多かった。

キュキュットはその名の通り、汚れ落ちがよくて食器をこすった時にキュッと鳴る。しかもサラッとした洗剤なのに少ない量で泡立つし、流すときの泡切れが良いので節約にもなる。

 

もう君以外愛せない

キュキュットの他に使ったのがJOYだけなので比較対象としては少なすぎるのだが、それでもキュキュットじゃないとダメだな、と思ってしまうほど、キュキュットの使用感がしっくりきている。

こんなに良い洗剤なのに値段もお手頃なので、他のものを使う理由が今のところ見当たらない。

洗剤が切れた時に真っ先に売り場で手にとるのは、キュキュットだけである。

 

食器洗いは面倒だけど、1mmくらいはやる気になれる

ぶっちゃけ、食器洗いって面倒な家事の一つだ。ここに労力を使いたくなくて食器洗浄機を導入している家庭もあるだろう。

一人暮らしの狭いキッチンには食器洗浄機を置く場所もない。だからスポンジで手洗いする日々なのだが、体調が良くないときは全然やる気になれない。

実際、心身ともに不調続きだったときは食器洗いをする気力がなくて、何日もシンクに食器を溜め込んでしまっていたときもあった。

今は、毎食後にちゃんと洗うことが何でもなくなったが、それでもやっぱり気が重くなりがちなのは否めない。そういう時に、洗剤のクオリティでイライラしたくないのである。

ちゃんと洗って乾かせば、きれいな状態の食器で食事ができる。ストレスのない泡立ちと泡切れをしてくれる洗剤があれば、シンクに向かう気力をほんのちょっとでも後押ししてくれる(気がする)。

だから私は今日もキュキュットでお茶碗を洗うのだ。

スポンサーリンク