みやまクロニクル

人生迷子の20代女が自由を求めてゆるく書く雑記

冬を乗り越えるための5つの戦略

f:id:miyama-chronicle:20180114163748j:plain

こんにちは、みやまです。

子どもの頃から四季の中で一番冬が苦手です。暑いのは耐えられるけど寒いのは耐えられない。外に出るのが億劫だし気分は沈みやすいし光熱費はかかるし…w 人にどの季節が好きかと聞くと、ほとんどの人が冬と答えるのが不思議でしょうがありません。

とはいえ常夏の島へ逃避行できるような財力は持ち合わせていないので、どうにかこうにかして冬を乗り越えなければならないわけで。今のところ今シーズンは好調に過ごせているので、私の越冬ライフハックをいくつかご紹介しようと思います。

ただし私は九州在住なので、雪国の越冬とはワケが違うという点はご了承下さいね…。

スポンサーリンク

 

朝型の生活リズムを維持

季節問わずですが、起床と就寝のリズムを一定に保つというのは、心身の健康に良い影響を与えています。遺伝子レベルで夜型の人もいると聞きますが、私はそうではないと去年の冬に思い知らされました。無駄に夜中まで起きてるとグジグジ悩むし昼近くに起きてしまって自己嫌悪に苛まれるんですよね。

休みの日でも7時頃には目が覚めるようなリズムをキープすることで、体調とメンタルの好調・不調の振り幅を小さくすることが出来ているようです。それに午前中にしっかり活動する時間が取れていると気分もいいですしね。

遅くとも日付が変わる前には寝て、7~7.5時間睡眠を取るのが自分の体に合ってる感じがします。起床時間の30分前にエアコンの暖房が付くようにタイマーを入れておくと、寒くてなかなか布団から出られないという事態を回避しやすいです。

 

水分補給は常温の水か白湯で

冬って寒いからどうしてもトイレが近くなるし夏ほど意識して水分補給をしてなかったのですが、軽い体調不良はだいたい水分不足だというのをどこかで読んでからはこまめに水を飲むようにしています。

さすがに冷水は体が冷えてしまうので、常温かぬるめの白湯で飲んでいます。家にはペットボトルの常温の水を、職場ではウォーターサーバーで水とお湯を混ぜて白湯にして1日2リットルは飲んでる気がする。

コーヒーやお茶も飲みますが、眠気覚ましやホッと一息つきたいときだけにしています。カフェインを取りすぎるのもほどほどにしないとね。

家用にはAmazon定期便で常に水をストックしています。

 

食事は「味わう」ことを意識する

冬は代謝が落ちるからなのか、食べたら食べた分だけ脂肪と化していって太りがち。しかも食欲のリミッターが機能せずに必要以上に食べすぎてしまって後悔することもあるんですよね。

それをなんとかしたいと思い、(食欲鎮静法 リンク)という本を読みました。そこにあったのは食事を「舌先で味わう」ということ。なんでも、味を感じるセンサーみたいな器官は舌先に集中しているらしいのです。食欲を満たすのではなく料理の味を楽しみながら食べることで、1回の食事への満足度が高まるのだそう。

「舌先で味わう」ことのすごさは、実践1回目ですぐ効果を感じられるところでしょう。以前はお昼の3時ごろになると間食したくなってついついお菓子をつまんでいましたが、今では夕食まで間食なしでも平気になってきています。

あとは外食や買い食いの回数を減らして、自分が自炊した料理をしっかり味わって食べることですね。私は毎日料理するほどの気力がないので、週末にまとめてつくりおきしています。食費の節約になるし自活しているという自己肯定感も高まってオススメです。

 

プロテインとビタミンC

そうは言っても栄養バランスの良い食事を取るのはなかなか難しいですよね。野菜や果物を毎日たくさん取ろうと思ったら食費がかなりかかってしまいます。

そこで取り入れ始めたのが、プロテインとビタミンC錠。

水分不足と同時にタンパク質の不足も体調不良の原因になっているらしく、そこを補うのがプロテインです。特に貧血気味だったり、どんなにスキンケアしても肌の調子がいまいちという人は試す価値アリだと思います。

私はプロテインを取り始めてから「なんだか体がだるい」と感じる頻度が減ったし、肌がボロボロになることもなくなりました。

ビタミンC錠はサプリメントではなく第3種医薬品の錠剤を飲んでいます。毎日たくさん野菜や果物を食べられないのでその補助的に飲み始めました。ビタミンCはタンパク質の吸収を助ける効果があるらしく、相乗効果で疲れにくさと肌荒れの防止に役立っています。

肌がめちゃくちゃきれいになったというのは正直感じられないけど、毎年1回は顔が粉吹くほど激しく荒れてしまうのがまだないのが個人的には大きな進歩です。

 

湿度を上げる

部屋を暖かくするのと同じくらい、湿度を上げるのも冬を快適に過ごすには必要ですよね。空気が乾燥していると、ウイルスの活動が活発になるしのどが痛くなるし目も乾くし…。風邪やインフルエンザを避けるためにも加湿器で部屋を適切な湿度にキープすることが重要です。

私の職場は、管理の面倒さのため加湿器を置いておらず、空気が乾燥しています。このままではのどがガッサガサになってしまう…!ということで卓上の加湿器を使い始めました。

USB給電で音も静かで、倒しても水がこぼれないのに蒸気はしっかり出てくれます。それでいて蒸気で周りが水濡れすることもないので、書類を広げながらの作業も安心してできるんですよ。これがあるのとないのとでは終業後の目やのどの乾燥具合が全然違う。

同僚も次々とこの卓上加湿器を買ってきて使うようになったので、オフィスの乾燥が気になる方は是非とも。

 

あと、家用に新しく買った象印の加湿器もなかなかパワフルで大活躍中です。見た目は炊飯器やポットみたいな感じでおしゃれではないけど、よくある超音波式ではなく水を沸騰させるスチーム式なので清潔な蒸気が出るんですよ。沸騰させる時の音が若干うるさいけど、それを差し置いてもしっかり加湿してくれるパワフルさが上回ります。

水を満タンに入れた状態だと、自動モードの適湿運転で約6時間稼働します。作りがシンプルなのでお手入れしやすいのもいいですね。

 

まとめ

私のこの冬を乗り越える5つの戦略は以下の通りです。

  1. 朝方の生活リズムを維持
  2. 水分補給は常温の水か白湯で
  3. 食事は「味わう」ことを意識する
  4. プロテインとビタミンC
  5. 湿度を上げる

本当はこれに運動も入れたら良いんでしょうが、寒いとやっぱり運動する気にならないし外に出たくないじゃないですかw 運動は暖かくなってきたらやることにして、それ以外のところで心と体を維持していきたいと思います。

個人的に4月中旬まではしんどい季節がつづくので、なるべく無理せず冬(と春)を乗り越えたいですね。ぼちぼちやっていきましょう。

スポンサーリンク