みやまクロニクル

みやまクロニクル

人生迷子の20代女が自由を求めてゆるく書く雑記

月3000円から投信積立はじめてみた【SBI証券】

f:id:miyama-chronicle:20170826213229j:plain

こんにちは、みやまです。

5月から始めた仕事にも慣れて、少しずつ生活のあれこれについて考える余裕が出てきた今日このごろ。ほしいものややりたいことを挙げればキリがありませんよね。

派遣社員なので薄給ではありますが、緊急時に対する備えや本当にやりたいことが見つかったときのためにある程度のお金を確保しておきたいものです。

というわけでちょっとずつでもいいから貯金したい!と思い立ち、SBI証券で投信積立を始めちゃいました!

スポンサーリンク

 

銀行に預けてるだけじゃ増えない

貯金するんだったら定期預金や銀行の積立貯金でいいじゃん、って思ってたんですけど、この低金利の時代にただ預けるだけだとほとんど利子がつきません。それに銀行が開いている時間に窓口へ行けないというのも個人的にハードルが高かった。

先日平日に休みを取ってゆうちょ銀行の窓口に積立貯金を申し込みに行ったら、ご丁寧にNISAの案内をされた上にキャッシュカードをクレカに変える営業までされて何だかわずらわしくなったんですよね。それに印鑑持っていくのを忘れたのでその場で手続きできず。

それなら、前から持っていた住信SBIネット銀行の口座で本格的にいろいろやってみようかと思い立ったのです。

 

SBI証券・ハイブリッド預金

住信SBIネット銀行のハイブリッド預金は、SBI証券の口座と連動して株式や投資信託の取引に使えるというのは口座開設時に知ってはいましたが、特に何もせずにほったらかしていました。そもそも株と投資信託の違いもよくわかっていなかったし…。

株を買えるほどの資金は現段階では持ち合わせていないので、積立でできる商品がないかなーと探していたところに見つけたのが投信積立でした。

 

少額から始められる気軽さ

投信積立はNISAだったりiDeCo(確定拠出年金)だったりの制度を使うものもありますが、今持っている総合口座とは別に申し込みを行う必要があるとのこと。少額から積み立てて、ある程度まとまった額になったらNISAやiDeCoを利用する方向でもいいかなと思い、特定口座で始めることにしました。

SBI証券は商品数が多く、手数料も安い。それに何より100円から気軽に積立できるのも決め手でした。どこかのサイトか本で、月3000円からでもいいから投資をしてみよう的なのを読んだのでそれに従って月3000円の積立を始めることにしました。いろいろな商品を買ってみたかったので、500円ずつ×6商品でやってみることに。

 

私が運用している商品

とはいえ、投資初心者の私にはどの商品が良いのかさっぱりわかりません。とりあえずランキング上位のものからピンときたものをチョイスしました。

 

・ワールド・リート・オープン

・ニッセイ日経225インデックスファンド

・ニッセイ外国株式インデックスファンド

・SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ

・EXE-i新興国株式ファンド

・ひふみプラス

 

1年後に評価額がプラスになってればいいかな…というスタンスでの積立&運用なので現時点での損益はあまり気にしていません。利益が出てるものと損が出てるもの半々くらいですね。トータルで見たら今のところ含み損ですがw

若いうちはリスク取りつつ積極的な運用をした方がいいって話も聞くし、もっと利回りのいい商品もあるっぽいけど、しばらくはこのまま預け替えはせずに積み立てていくつもりです。

 

NISA・iDecoも視野に

上にも書きましたが、ゆくゆくは税制メリットのあるNISAやiDeCoへの移行も考えています。来年1月から新しくつみたてNISAという制度が始まるそうなのでちょっと気になってるところです。iDeCoは60歳まで解約できないのと、なんやかんや手数料負けしちゃいそうなところがネック。ある程度つぎ込める資金がないと手を出しづらいなあっていうのが私の感覚です。

 

5000兆円欲しい!!

まあなんだかんだ言ってもね、結局手元にまとまった額のお金があれば何も悩まずに済むわけですよ。仕事がだるいとか食費節約とか今月の引落がいくらだとか、5000兆円あればちまちま考えることもなくなります。

だから声を大にして言うよ。

5000兆円欲しい!!

 

おわり。

スポンサーリンク