みやまクロニクル

みやまクロニクル

人生迷子の20代女が自由を求めてゆるく書く雑記

私がベッドではなく布団で寝てる3つの理由

http://3.bp.blogspot.com/-Y4QQQEsY728/URedBZmVRLI/AAAAAAAAMXE/lA1QzI97QAo/s1600/suimin_woman.png

こんにちは、みやまです。

突然ですが、あなたはベッドで寝てますか?それとも布団を敷いて寝てますか?私は後者。布団を敷いて寝ています。

テレビや映画で寝室が映ると、たいてい登場人物たちはベッドで寝てますよね。それが世間一般のスタンダードなのでしょう。布団派はマイナーなのかも…と思い、なぜ私が布団で寝てるのか考えてみました。

スポンサーリンク

 

1.子供の頃からの習慣

子供の頃は古めの平屋に住んでいて、部屋は畳張りで物置部屋の狭いスペースだけがフローリングでした。その後引っ越して高3まで住んだアパートも畳張り。私の住環境の中には畳があるのが当たり前でした。

だから友達の家のリビングや寝室がフローリングであることに羨ましさや憧れを感じていたんですね。ダイニングテーブルや、それこそベッドが平然と生活の中にあるのが不思議でした。

狭い家だったので家族4人それぞれのベッドを置くスペースなんてありません。押し入れから布団を引っ張り出して狭い空間で寝る、それが当たり前の生活でした。

 

2.家に和室がある

そんな環境で育ってきた私も、今では一人暮らしをしています。大学進学の時の一人暮らしではフローリングにベッドを置いていましたが、場所をとるというのと布団や枕が出しっぱなしになっているのがあまり好きではありませんでした。

就職に伴い引っ越す際には、床がフローリングであろうとも布団を敷いて暮らそうと思っていました。部屋探ししている時に紹介された部屋にたまたま和室がある部屋で、入居時にフローリングに張り替えにもできるけど、和室のままでいいなら家賃下げると言われました。和室に抵抗がなく、むしろ布団で寝たい私には絶好の物件だったのでそのまま入居決定。今もこの部屋に住んでいます。

 

3.場所を取らない

布団で寝ることの最大のメリットが場所を取らないことだと思います。確かに押し入れから出したり片付けたりの手間はありますが、部屋のスペースを広く使えますし、何より掃除がしやすい。

ホコリアレルギー持ちなのでホコリがたまりにくい&掃除しやすいのは生活する上でのキーポイントです。シーツの交換も布団を干すのもベッドを使っていたときより楽なので、常に清潔な寝具で眠ることができています。

 

布団で眠るデメリット…?

スペースだったり清潔さだったりメリットが多い一方、デメリットもあります。そう…

圧倒的に色気がないという点です。

部屋に異性を招いて、いい感じになって、いざ致しましょうか…ってなった時にベッドじゃなくて布団を敷かなきゃならないのってちょっと滑稽な画じゃないですか?そういう時は勢いに任せてベッドになだれ込みたいじゃないですか…。そしてギュッと寄り添って朝チュン迎えたいじゃないですか…。

何言ってんだワタシはw

今はそういう相手もいないのでどーーーーーでもいいんですけどねそんなこと。色気より利便性と快適さを取るアラサーだよ。こうやってオババになっていくのでしょうね。切ないな…。

 

おわりに

もっと広い家に住んだり、逆に狭くて寝るスペースと収納スペースを縦に確保したい場合はベッドにしたほうが快適なのかな、なんて思ったりもします。

今のところは布団で十分満足できているので、しばらくはこのまま和室で布団スタイルで寝続けます。

おやすみなさいzzz

スポンサーリンク