みやまクロニクル

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みやまクロニクル

人生迷子の20代女が自由を求めてゆるく書く雑記

心に響く歌の作り方とは?/関ジャム(2017年2月12日放送)

こんにちは、みやまです。

この前楽曲分析の記事を書いてから、音楽を聞く時に歌詞の意味や曲の進行が気になるようになりました。

泥臭く生きる彼らの集大成/舞祭組「道しるべ」楽曲分析 - みやまクロニクル

 

そんな中、こんなツイートを発見。

ということで放送の内容を備忘録として残しておきます。

目次

 

「関ジャム 完全燃SHOW」とは

PR

 

「関ジャム 完全燃SHOW」は、毎週日曜 23:15~ テレビ朝日系列で放送されている音楽番組です。

出演者は関ジャニ∞と古田新太。毎回ゲストが授業形式でテーマについて語り、その内容を踏まえて曲をバンド形式でセッションします。

心に響く曲の作り方

今回の放送(2017年2月12日)では、ゲストに谷村新司氏を迎えて「心に響く歌の作り方」がテーマ。谷村さんは歌手としての活動のみならず、東京音楽大学の客員教授として作曲を学生に教えています。

心に響く歌はどうやって作るのか。さっそく見ていきましょう。

 

文字は少なく

歌詞の文字数が少なくなると音の響きが長くなり、余韻が伝わります。そうすると聴き手は、自分のイメージに合わせて曲に感情移入ができるようになります。

例)いい日旅立ち/山口百恵

逆に、さだまさしの「雨やどり」は場面説明を文字数を多くして詳細に歌詞にしている曲の例として挙げられています。

文字が少ない/多いというのは感性の違いであるので、どちらが正しいというわけではありません。前者がポエムだとしたら、後者が文学作品という違いだと例えています。

 

目線の使い分け

広告

 

どの目線で歌詞を書くかによって、聴き手に想像させる物語が変わってきます。

  1. 主人公が「私」の物語
  2. 主人公が「相手」の物語
  3. 第三者から見た物語
  4. 空(俯瞰)から見た物語

 

1. 主人公が「私」の物語

登場人物が「僕」(一人称)のみ。

例)どんなときも。/槇原敬之

 

2. 主人公が「相手」の物語

登場人物が「僕」と「君」。二人称が出てくる。「僕」から見た「君」の物語。

例)奏/スキマスイッチ

 

3. 第三者から見た物語

2人を見ている視点・風景が入って奥行きが出る。場所や時間(朝/夜など)が具体的に出てくる。

例)なごり雪/イルカ

 

4. 空(俯瞰)から見た物語

大きな世界観。鳥が空から地上を見下ろしているような感じ。上の各目線とこの目線を混ぜると聴き手の感情が動く。

例)時代/中島みゆき

 

心に響く歌詞 とは

目線を使い分けた上で具体的に心に響く歌詞にするには、どの世界観で歌詞を書くかということがポイントになります。

 

A. 自分独自の世界

他の人はしない表現。タイトルと歌詞の内容に距離感がある。

例えば、スピッツの「楓」は、歌詞の中に「楓」というワードは一切出てきません。しかし、歌詞に「風」が出てくるとタイトルの「楓」を想像させます。

 

B. 誰もが共感する世界

聴き手が自分に置き換えることができる。

秦基博の「ひまわりの約束」は、歌詞の内容は内向的にも関わらず前向きな印象を受けます。それは、歌詞の中に「ひまわり」というキーワードが出てくるからだと谷村氏は指摘しています。

「ひまわり」に対して、聴き手が前向きな明るいイメージを持っているという共通認識がそうさせているのです。

 

タイトルで掴め

タイトルは作品の扉です。

内容を予感させるタイトルなのか、内容が想像できないタイトルなのか。この2つのパターンを意識すると、ターゲットがより明確になります。

一発目で浮かんだアイデアを大切に。二発目には迷いが出やすいとのこと。

実践として、写真や音からタイトルを付けてみる練習法が紹介されました。

 

まとめ

心に響く歌の作り方のポイントとして、

  • 文字は少なく
  • 目線の使い分け
  • 世界観
  • タイトル

以上4点が紹介されました。

これを踏まえて、関ジャニ∞メンバーと谷村氏とで名曲「チャンピオン」をフルコーラスで披露。セリフ部分(”You're king of kings”)を担当する錦戸さんが、3ヶ所それぞれ誰目線なのか解釈を彼なりに考えていたのが印象的でした。

好きな歌をこういった観点で解釈するのも、よりその曲を理解できておもしろそうですね。

 

関連リンク

作詞入門―阿久式ヒット・ソングの技法 (岩波現代文庫)

作詞入門―阿久式ヒット・ソングの技法 (岩波現代文庫)

 
あの歌詞は、なぜ心に残るのか─Jポップの日本語力(祥伝社新書)

あの歌詞は、なぜ心に残るのか─Jポップの日本語力(祥伝社新書)

 
なぐりガキBEAT(通常盤)

なぐりガキBEAT(通常盤)

 

スポンサーリンク