みやまクロニクル

みやまクロニクル

人生迷子の20代女が自由を求めてゆるく書く雑記

三連休の終わりに思うこと

f:id:miyama-chronicle:20171105103916j:plain

こんにちは、みやまです。

三連休っていつもの休みにボーナスステージがついたみたいでお得な気分になりますよね。かといって特別な用事がある訳でもないんですけど。

前職はシフト制の勤務で連休をなかなかとれる仕事ではなかったので、今は土日祝きっちり休みがあるのが本当に嬉しい。平日も定時でほぼ残業なしで帰れる。その分お給料も少ないけれど、QOLは断然今のほうが上です。

スポンサーリンク

 

週休3日は欲しい

やっぱり週休3日くらいあるとボチボチ働きつつ、休みもしっかり満喫できるなあって連休の度に思います。土日休みだけだと家事や雑多な用事を済ませるだけで終わりがちだけど、もう一日あれば趣味や旅行などを楽しむ時間的精神的余裕ができますよね。

もちろん資格や仕事のための勉強をするのもいいし、家族や友人と過ごすのもいい。一日中家でダラダラする日だってあっていい。そのためにはどうしても週休2日じゃ足りないんですよ。

 

非生産的な活動から得られるもの

お金にならないような「非生産的」なことでも、得られた知識は財産になるし、「楽しいなあ」「嬉しいなあ」とポジティブな気持ちになれた時点でそこに費やした時間やお金のもとは取れてる気がするんですよね。

そのポジティブな気持ちが新たな消費を促すし、経済を回していきます。不安を煽って消費させるのは一時的には良くても、長期的な視点で見たらマイナスのほうが大きい。ハッピーな気持ちで消費活動するほうが、精神衛生的にはるかに健全だしみんながwin-winでしょう?

だから表面的に非生産的な活動をあえて積極的に行うことが必要なんじゃないかなって思うんです。だから週休3日以上ほしい…w

 

ようやく有給休暇がつきます

5月から今の職場で働きはじめて11月で半年になります。半年になると労働者の権利「有給休暇」がつきます!やったー!

ありがたいことにこの職場は、正社員・契約社員・派遣社員に関係なくみんな頻繁に休暇を取得しているので、前もって希望すればちゃんと休みをとれます。同じ業務をしている人同士で休みをかぶらせるなとか、繁忙期(年末年始と4~5月)は避けろとかはあるけど、その点は許容範囲内かなと。

金曜日か月曜日に休みを取って三連休にするのもいいし、週の半ば水曜日に休めば二日出勤→休み→二日出勤→休みで平日のガス抜きになって良さそう。休みのこと考えたらニヤニヤが止まりませんね。みやま、お休みだ~いすき!

 

連休でフル充電したから平日も頑張れる

明日からまた平日が始まるわけだけど、今の仕事が気に入っているのでそこまで「仕事行きたくない病」にならずに済んでいます。
三連休にたっぷり休んでエネルギーをチャージできたので、連休が終わりに向かうこのわびしさのような感覚を好意的にとらえることができているのかもしれません。

働く日があっての休日だし、休日あっての働く日だなって思えるのって幸せなことです。去年の今頃は「しんどい」「眠れない」「起きられない」「仕事辞めたい」ばっかり頭の中でグルグルして病んでいったのでね…。

一年でこうも変わるのか、と自分でもびっくりです。仕事辞めてよかったし無職期間もつらかったけどいい経験だった。贅沢はできないけど自分で生計立てて暮らしている今をちゃんと自分で選んで得ることができてよかった。

そんなことを気づかせてくれた三連休でした。

スポンサーリンク