みやまクロニクル

みやまクロニクル

人生迷子の20代女が自由を求めてゆるく書く雑記

1ヶ月休職します

f:id:miyama-chronicle:20161209165029j:plain

こんにちは!みやまです。

 

先日心療内科に行って、1ヶ月休職するよう診断書を出されました。

www.miyama-chronicle.com

その翌日、上司に休職したい旨を伝えました。

みやま「こういう診断書が出まして、休職させていただきたいのですが…」

上司「最近きつそうだったもんね、今日明日からっていうのは難しいからちょっと待ってもらっても良い?ヘルプ出してもらう相談もしてみるから」

みやま「わかりました」

~10分後~

上司「ちょっと考えてみたんだけど、今まで休職して復帰できた人ってほとんどいなくて、みやまさんの病気はきっとこれからも付き合っていかないといけない病気だと思う。確かに今の職場では仕事量が追いつかないっていうのがあると思うから、もう少し規模の小さいところでペースを落として続けてみない?引越し代や家賃の半分は会社から出るから」

みやま「……ちょっと考えさせて下さい」

 

最初から、すんなり休職には入れないだろうなとは思っていました。上司に提案された案も、そういうのもありかなあとは考えましたが、結局仕事としてやることは量は違えど同じです。それに引っ越す気力も体力も今は持ち合わせていません。とにかく今は休みたい、というのが正直な気持ちでした。

 

母にも電話で話をしました。

みやま「お母さん、あのね、1ヶ月の休養が必要って診断書が出て会社に申し出たんだけど、代案出されて休めそうもない。休職できないならやめようかと思ってる。どうしたらいいんだろう…」

母「みやまがそこまでなってるなんて…病気で休みたいのに休ませてもらえないなんてブラックじゃない…。このまま働き続けて悪化してしまったら大変じゃないの。体が第一なんだから、みやまがしたいようにしなさい。お父さんにも伝えとくから」

 

その後、父からも連絡があり、休めないなら辞めたいという私の意思を尊重してくれました。

 

翌日。

みやま「先日ご提案いただいたけんですが、やはり体がついていかないので休ませて下さい。休職できないならやめようと思っています」

上司「わかった。今週いっぱいは出てもらわないといけないけど、週明けから休んでいいから」

 

というわけで、休職に入ることになりました。土日出ないといけないけども…無事にやり過ごせたらいいな…

一応年始の仕事始めが復帰日となっていますが、このようなやり取りをすることにも疲れて復帰するイメージが沸かずにいます。

まずは休養して、主治医の先生と相談しながら治していこうと思います。