みやまクロニクル

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みやまクロニクル

人生迷子の20代女が自由を求めてゆるく書く雑記

一人暮らしの女が実家が最高だと思う理由3選

こんにちは!みやま(@miyamachronicle)です。

普段一人暮らしをしているのですが、休みをもらって実家に帰ってきています。

一人暮らししていると、無性に実家が恋しくなる時があるんですよね…。

そんな実家大好き人間みやまが、実家が最高な理由3選をご紹介します。

 

目次

仕事から逃れられる

実家に帰る=仕事は休みなので、仕事のことを考えなくて良いのが最高です。

死んだ目で出勤し、死んだ目で仕事をし、死んだ目で退勤することの繰り返すゾンビ会社員のみやま。早く隠居したい気持ちでいっぱいです。転職活動する気力もないし、貯金もないので無職になるわけにもいかないので死んだ目で働いていますが、お金貯まったら辞めてやる!と息巻いてます。

そんなダメ会社員なので実家にいられる時間が幸せなのです。

 

母の手料理が食べられる

自分でも料理をすることはありますが、どうしても「ただ空腹を満たすだけ」の食事になりがちです。なんだか家庭の温かみが足りないような気がするんですよね。それに、やっぱり主婦歴が長い母が作ったほうがおいしいので、実家に帰って食べる母の手料理は最高です。

特別な料理ではないけど、ぬくもりを感じる家庭料理がたまらなく好きなんですよね。カレーとかハンバーグとか、煮物とか。天ぷらや唐揚げなんかは自分では作ることがないので、実家で食卓に並んだときは嬉しくなります。

 

家族と一緒に過ごす時間

一緒に暮らしていたときは何も感じなかったけれど、離れてから初めて気づく家族の大切さや家族の優しさってありませんか?

ただ一緒にご飯を食べたり買い物に行ったり、くだらない話をする一瞬一瞬がとても好きです。離れて暮らすからこそ、一緒にいることができる時間が貴重だなと感じるんですよね。何より、家族といる時間は私にとって心も体もリラックスできます。ネスカフェ・バリスタで淹れたコーヒーを飲みながら、おしゃべりしたり、各々好きなように過ごす午後のひとときに、ふと幸せを感じます。

 

まとめ

他にも挙げればキリがないほどですが、この3つがみやまが実家が最高だと思う大きな理由です。

一人暮らしを始めてから気づいた家族のありがたみに感謝して、日々過ごしていきたいですね。